AVCJ日本・フォーラムが6月22・23日、再び東京で開催


AVCJ日本フォーラム
2017年6月22・23日、コンラッド東京
プライベート・マーケット投資で着実なパフォーマンス達成を

今年の第18回AVCJ日本フォーラムは、LP250名超を含む総勢440名という記録的な参加者を集めました。業界の重鎮が東京に集結し、2日間にわたって刺激的な議論やプレゼンテーション、そしてネットワーク作りが行われました。

14カ国から参加者が集まり、世界各地の最も経験豊富で実績のあるプライベートエクイティ投資家50名に加え、主要な年金基金、国際的なファンド・オブ・ファンズ、国内外の機関投資家からお話を伺いました。ミッドマーケットの事業継承案件、国内LPのオルタナティブ参入、資金調達の成功が相次ぎ、この時代に最盛期を迎えている日本のプライベート・エクイティ市場が裏付けるように、今年のAVCJ日本フォーラムは参加者数が過去最高となりました。

フォーラムの目玉はプレゼンテーションとパネルディスカッション。トピックに含まれていた内容は、世界的な投資家がボラティリティに直面する中で機会をいかにして見つけることができるか、バイアウト領域の潜在案件、ミッドマーケットのプレイヤーがこの先1年の投資とエグジットをどう見るか、国内LPがPEにコミットしている理由は何か、これがLPの世界でどの程度広がると予測されるか、投資テーマやポートフォリオのリターンに最大の影響を与える今後5~10年先の技術の変遷、債権・債務戦略の台頭、地方銀行といかにパートナーシップを構築するか、国内LPがアジア各地の投資戦略やインフラ投資に適したパートナーや地域をどう選定するか等々、多岐にわたりました。

AVCJ日本フォーラムのハイライトには以下が含まれました:

  • ゆうちょ銀行本社市場部門 プライベートエクイティ投資部長、貞永 英哉氏によるオープニングの基調講演
  • 米国、香港、中国、シンガポール、日本、英国の機関投資家など、有力企業215社超が参加
  • ウィズダムツリー・インベストメンツの日本担当の著名エコノミスト、イェスパー・コール氏による基調演説
  • Harbourvest、かんぽ生命保険、デンソー企業年金基金、企業年金連合会の国内LPパネリストが今後のコミットを望む投資やファンドの種類について情報を共有
  • 最適ポートフォリオの構築手法を開発するためのデータ活用法に焦点を当てたプレゼンテーション

 

Follow us
Asia Series Sponsor
Co-Sponsors
Wi-Fi Sponsor
Exhibitors
Cocktail Sponsor
Supporting Organisations
Philanthropy Partners
Media Partners